お試しあれ!BYRD(バード) Matte(マット) + Classic(クラシック)のポマードカクテル

BYRD製品の製造販売元である「アントレックス・スクエア」のウェブサイトにこんな記事が最近公開されていました

引用:アントレックス | BYRD スタイリング How to use POMADE

BYRDポマードのハウトゥーと題して、Pomade cocktail(ポマードカクテル)のカタログが掲載されています

「そういえばポマードカクテルなんてしたことないなぁ」

ってことで今回はこのカタログを参考にMatte(マット)とClassic(クラシック)のポマードカクテル🍸でサイドパート(七三分けヘア)に挑戦!

[aside type=”warning”]ポマードカクテルとは?

複数のポマードを組合わせて使うこと

[/aside]

 

準備するもの

BYRD Matte Pomde(バード マットポマード)

[kanren postid=”903″]

 

BYRD Classic Pomade(バード クラシックポマード)

[kanren postid=”865″]

 

さぁ、レッツヘアスタイリング!

1.ドライヤーでブロー

前髪にボリュームを与えるためにヘアブラシや上のように手ぐしで根元から毛先に向かってミディアムの風量でブローします

もちろん、髪の調子を整えるために冷風を当てるのも忘れずに!!

 

2.Matte(マット)でベース作り

ドドン

顔にピントが合っていますが(笑)、手の平で伸ばすとこんな感じで日焼け止めクリームのように若干白く残ります

といっても、時間が経てば自然と消えるのでご心配なく

グイッと持ち上げるように手ぐしで髪に馴染ませます

前から後ろはもちろん、後ろから前も手ぐしでしっかりと根元〜中間部辺りに馴染ませます

完成形を意識せず、全体に馴染ませるのがポイントです

こんな感じでだいぶボリュームアップが出来ました

 

3.Classic(クラシック)でシメ!

使う量はこれくらい

手の平で十二分に伸ばしてください

 

 

ここで手を使ってサイドパートの形作りをしていきます

まずは分け目

大体ここかなってところで髪を分け、その根元から毛先に向けてポマードを手の平で優しく撫で付けます

次は前髪

サイドにビシッとキメるために、手の平〜付け根でグイグイと押し当てるように馴染ませます

少し力を入れるのがポイントです

サイドも同じようにグイグイっと

 

最後に”め”の荒いコームで整えて…

4.完成!

マットのふんわり、クラシックのビシッとタイトに

お互いの良さを殺すことなく上手く活かした素晴らしい組み合わせ

初めてでしたが、我ながら上手く出来ました!!

 

5.数時間後…

セットしてから約11時間後に撮影しました

今日は力仕事で頭を垂れている時間が長かったこともあり、髪型が崩れたこともありました

しかし、再整髪しやすいクラシックの恩恵を受け、”め”の荒いコームでチャチャッと整えることが可能です

 

残る組み合わせはあと2つ…

またレビューします!!

最後にポイントをまとめておきます

スタイリングのポイント!

  • 使用するポマードの割合はおよそマット8クラシック2
  • 前髪は手の平と付け根を使って強く押しつける感じで馴染ませる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です