社長もオススメ!?BYRD(バード) Matte(マット) + Light(ライト)のポマードカクテル

前回はBYRDのマットとクラシックでポマードカクテルに挑戦しましたが

[kanren postid=”1761″]

今回はマットとライトの組み合わせ!

 

ブランドファウンダーもお気に入りのポマードカクテル!?

BYRDの公式Twitterでこんなツイートがあります

ブランドファウンダーつまりBYRDの創業者であるChase Wilson(チェイス・ウィルソン)も今回紹介するマットとライトのポマードカクテルを愛用しているんだとか

引用:Chase Wilson | Byrd Japan

彼がそのチェイス

 

改めて使うポマードをご紹介!

 

BYRD Matte Pomade(マットポマード)

[kanren postid=”903″]

 

BYRD Light Pomade(ライトポマード)

[kanren postid=”1157″]

BYRD製品は30g、70gとサイズが2種類ありますが、僕のオススメは70gです

今回もこの二つでサイドパートを作っていきます

 

ヘアスタイリングやってみた!

1.ドライヤーでブロー

水で濡らした髪をドライヤーブローでボリュームアップしていきます

設定は温風で風量はセットモード

ベントブラシで前髪を絡ませ、グイッと持ち上げ、根元から毛先に向かってドライヤーを当てていきます

使用しているブラシはメジャーブランドDenman(デンマン) D200です

髪がある程度乾き、ボリュームアップできたら冷風で調子を整えます

 

2.Matte Pomade(マットポマード)でボリュームアップ!

これくらいを2回に分けて使います

よーく手の平で伸ばして、指の間にも馴染ませます

オールバックを意識して、髪をかきあげるように全体にポマードを馴染ませていきます

前から後ろへ、後ろから前へがポイント

 

3.Light Pomade(ライトポマード)でウェットにシメる!

使う量はこれだけ

手ぐしで髪の毛の中間〜毛先を中心に馴染ませていきます

後頭部も忘れずにしっかりと馴染ませます

髪全体に馴染ませたらシメ

前髪にグイグイと手のひらを押し当てるようにして馴染ませます

 

4:完成!

毛束感が出て、ウェットな仕上がりになりました

Matte + Classicほどホールド力はありませんが、軽い使い心地のLightの恩恵を受けた感じ

ただ、Lightはもうすこし少量でも良かったかな

 

 

最後にスタイリングのポイント!

スタイリングのポイント!

  • ポマードの割合Matte : Light = 4 : 1ぐらいがちょうど良い
  • Lightは力を入れず、手ぐしでふんわりと馴染ませる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です